red orange yellow green blue pink

寂しいタイミング

「寂しいタイミング」ここでは、出会い系サイトを利用して、実際に異性に出会った体験談を紹介したいと思う。今回のケースは出会い系サイト以外にも通じる面があるので、参考の一助とされたい。体験談の主は、仮にAさんとする。

Aさんは出会い系サイトに登録し、店員をしている女性と仲良くなった。この時彼は、彼女の心を得るために、毎日こつこつとメールすることを選んだ。地道な努力が実を結んだためか、彼女も頻繁にメールを返してくれるようになったという。女性がすべからく頻繁な連絡を好むとは限らないが、基本的には話し好きな女性の方が多いようだ。

連絡が多くならないかどうか迷ったときには、送った方が正解である可能性が高い。ただその際には、相手の事を気遣う事を忘れないようにするといいという。さて、Aさんと彼女は次第に仲良くなり、やがて二人で会うようになった。彼女はAさんが思っていた以上に「好きなタイプ」の女性であり、Aさんは思わず心がうわずってしまった。

女性とデートするのがまだそれほど多くなかったこともあり、かなり緊張した、という。彼は内面の動揺を見せぬように、と振る舞うのに苦労した、と話している。彼女は寂しがりな性質であり、恋人がいない時期が長いことをちらっと話した。Aさんは相手が見つかるまで、試しに自分と付き合ってみないかと言った。これが思わぬ告白となり、二人は付き合うことになったという。今回の場合、彼女がちょうど寂しい、人恋しいと思っている時期だったことも、Aさんに幸いしたようだ。